【潤滑系統洗浄】エンジン洗浄がグリーン購入法の特定調達品目に規定されました。

エンジンオイルフラッシング作業

潤滑系統洗浄(エンジンオイルフラッシング作業)は、エンジン潤滑系統とエンジン内部のクランクケースやブローバイ系統の同時洗浄を行う画期的なエンジンリフレッシュ作業です。
エンジン潤滑系統洗浄とブローバイ系統洗浄により効果絶大、環境性能とエンジン性能が同時に大幅改善向上します。

エンジンオイル

エンジンオイルは、エンジン内部を循環し、エンジン内部で発生する摩擦の軽減を行うほか、車を正常に動かすために重要な役割を担っています。
エンジンオイルは使っているうちに汚れてきます。この汚れのうち、オイルに吸収できない汚れがヘドロや固形分となってエンジン内部に堆積してきます。そのため、オイル通路のつまりや潤滑不良などを招き、エンジンノイズの増大やパワーダウン、燃費悪化などの悪影響が出てきます。オイルフラッシング作業の目的はこれらの汚れをきれいに取り除くことです。

エンジンオイルの主な働き
潤滑作用
エンジン内では、金属製のシリンダー内をピストンが毎分・数千回上下するため、多くの金属摩擦が生じ、常に高温高熱にさらされている。この金属同士が擦れ合うときの摩耗や発熱を軽減する。
防食・防錆作用
外気との温度差が激しいエンジンでは水分が発生しやすく、錆が発生しやすい。また、燃焼ガスやエンジンより発生した化合物により腐食も発生する。この錆や腐食の発生を防いでいる。
密封作用
シリンダーとピストンは、わずかな隙間があることで動きを可能にしているが、この隙間に入り込み、気密を保持している。
清浄作用
エンジンオイル自身に汚れを取り込み特定の場所に汚れが溜まらないよう分散させる。
冷却作用
燃焼や摩擦で生じる熱を熱を取り込みオイルクーラーやオイル溜まりなどで冷却する。

お見積もり・お問い合せ・ご相談などお気軽にどうぞ。

エコ整備

お問い合わせ・ご相談

このページのトップへ戻る